【アボカド×筋トレ】筋肉を成長させる為にアボカドの栄養素が効果抜群な件


アボカドは栄養豊富って聞くけど

筋肥大には効果あるん?

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容

  • アボカドの栄養素
  • アボカドと筋トレの相性
  • アボカドを購入する際のポイント

 

皆さん、アボカド食べてますか?

マッチョが食べてたり美容マニアが食べてるイメージをお持ちかもしれません。

 

栄養豊富なイメージはあれど、詳しくは知らないという方も多くいらっしゃるでしょう。

 

実は最も栄養価の高い果実としてギネスブックに登録されている化け物食材なんです。

 

ということはもちろん、筋肥大にも効果的

今回は、そんなアボカドについて詳しくご紹介いたします。

 

非常に優れた食材なので是非メニューに取り入れてみてくださいね!

 

では、いきましょう!




アボカドの栄養素

 
エネルギー187kcal
水分71.3g
タンパク質2.5g
脂質18.7g
炭水化物6.2g
飽和脂肪酸3.18g
不飽和脂肪酸13.0g
コレステロールTr
食物繊維5.3g

※Tr(トレース)…最小記載量に達していないレベルの『微量』という意味

生のアボカド可食部分100gあたりの成分

 

ビタミン

カロテン75μg
E3.6mg
B10.01mg
B20.21mg
B62.0mg
ナイアシン0.32mg
葉酸84μg
パントテン酸1.65mg
C15mg

生のアボカド可食部分100gあたりの成分

 

無機質

ナトリウム7mg
カリウム720mg
カルシウム9mg
マグネシウム33mg
リン55mg
0.7mg

生のアボカド可食部分100gあたりの成分

『七訂日本食品標準成分表より』

 

アミノ酸

バリン120mgトリプトファン33mg
ロイシン170mgヒスチジン61mg
イソロイシン95mgアルギニン100mg
リジン140mgアラニン120mg
メチオニン45mgアスパラギン酸250mg
シスチン44mgグルタミン酸280mg
フェニルアラニン99mgグリシン120mg
チロシン72mgプロリン110mg
トレオニン100mgセリン130mg

生のアボカド100gあたりに含まれるアミノ酸

『日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010より』

 

【アボカド×筋トレ】筋肉を成長させる為にアボカドの栄養素が効果抜群

 

ビタミン&ミネラルのバランス・量が超優秀

筋トレをハードに行うと、大量のビタミン&ミネラルを消費します。

 

トレーニングの効果を最大化を図るには、これらをしっかりと補ってあげる必要があるんです。

 

これらが不足すると十分に身体の修復を行えませんからね。

 

そしてなんと…

アボカドはビタミン&ミネラルが非常に豊富なんです…!

 

筋トレで傷ついた身体の修復にひと役買ってくれる存在ですから、ぜひ献立に取り入れて欲しいと思います。

 

筋肥大にはアボカド!

そう覚えてもらっても結構です。

 

細胞の再生をサポートする葉酸が豊富

アボカドは、筋トレにおいて重要な『葉酸を豊富に含みます。

 

葉酸は『血液の生産』や『アミノ酸の代謝』に関与するビタミン。

 

つまり、栄養素の運搬や『ンパク質合成において重要な栄養素であると言えますね。

 

葉酸が不足すると、貧血・免疫機能減衰・消化管機能異常などに繋がります。

 

筋肥大の妨げになってしまう可能性があるので、意識的に摂るようにしましょう。

 

ごぼう1本相当の食物繊維

意外かもしれませんが、

アボカドは食物繊維がごぼう並みに多く含まれています。

 

食物繊維には整腸作用がありますので、

たくさんの栄養を摂取して負担がかかっているトレーニーの腸を整えてくれるでしょう。

 

胃腸の乱れは栄養素の吸収を妨げたり、精神面にも悪影響が…!

 

しっかりと良好な状態を保つようにしましょう。

 

不飽和脂肪酸が豊富

森のバター』と呼ばれるほど脂肪分の多いアボカド。

 

しかしその約80%が『リノール酸』や『オレイン酸』といった不飽和脂肪酸です。

 

簡単に言うと、良質な脂質が豊富ということですね。

 

コステロールの心配はまずありませんので安心してください。

 

むしろ悪玉コレステロールを減少させ、血液をサラサラにしてくれる効果もあるんです。

 

血液は栄養素を運ぶ役割を担っているため、

サラサラの状態を保つことで筋トレ効果の最大化を図れますよ。

 

肝臓の機能を助ける

上記の表に直接の表記はありませんが、

アボカドは『グルタチオン』という栄養素を豊富に含んでいます。

 

このグルタチオンは肝臓の働きをサポートしてくれる存在。

 

タンパク質を多く摂るトレーニーは肝臓に負担が掛かりがちなので、アボカドを食べることで肝臓を労わってあげましょう。

 

栄養素ばかりに目が行きがちですが、それを処理してくれる内臓たちにも意識を向けたいところです…!

 

カロリーが高い

アボカドは脂質が多いので、やはり高カロリーです。

 

高カロリーというと悪者のイメージを持つ方も多いかと思いますが、筋肉を大きくする上では非常に大切な要素。

 

筋肥大をするには『消費カロリー 摂取カロリー』が大原則ですからね。

 

良質な食材でしっかりをカロリーを摂取することが重要になります。

アボカドは打って付けの食材と言えるでしょう。

 

もちろん、摂りすぎは肥満に繋がるだけなのでNGですよ!

 

調理が簡単

アボカドは様々な調理方法がありますが、

皮を剥いただけで食べられるズボラ飯としてもイケちゃいます。

 

僕は普段、皮を剥いて種を取ってひと口大に切る。

たったこれだけです。

 

こいつをわさび醤油でいただくのが最高に美味しいんですよね。

 

料理好きな方はいろいろと試してみるのも楽しそうですが、僕みたいなズボラ人間にとってこの手軽さは本当に嬉しいポイント。

 

誰でも簡単に食べられるので、ぜひお試しくださいね!

 




 

アボカドを購入する際のポイント

美味しいアボカドの選び方

ひとくちに「アボカドが良い!」と言っても、適当に購入すると後悔することになります。

僕も初めて購入した時は大失敗のを覚えていますよ。。

 

美味しさも栄養価も変わってきますから、食べごろのものを見極めて買うようにしましょう。

 

購入時に見るべきポイントは3つ。

 

  • 色合い
  • 柔らかさ

 

それぞれ解説します。

 

アボカドの形

形を見る際のポイントは2つ!

 

  • 実が楕円形をしている
  • ふっくらとした形でハリとツヤがある

 

こういったものを選ぶことで、新鮮かつ実の量が多いものをGETすることができます。

丸いものは実の量が比較的少ないので、なるべく避けましょう。

 

アボカドの色合い

アボカドの色合いも要チェックです。

 

スーパーなんかで売り場に並んでいるものを見ると、

緑色のものから黒いものまであるかと思います。

 

この時、基本的には『黒みがかった緑色のもの』をチョイスしてください。

 

鮮やかな緑色のものがまだ若いアボカド。

黒くなるにつれて熟しているアボカドとなっています。

 

真っ黒なものは熟しすぎているので出来れば避けたいところ。

その一歩手前のアボカドが食べごろですね。

 

濃厚でおいしく、栄養価も高くなっております。

 

もし長めに保存することを想定している場合は、緑色の若いアボカドを選ぶと良いでしょう。

しばらくすると食べごろになりますから、そのタイミングを見極めて食べるのが吉です。

 

アボカドの柔らかさ

このご時世なのでやり過ぎは白い目で見られそうですが、

アボカドの柔らかさもチェックしてみてください。

 

 

実際に手に持ってみて、軽く握ってみましょう。

 

明かに硬いものは、まだ食べごろとはいえません。

少し指が沈む程度のものが美味しくいただけるタイミングです。

 

柔らかすぎるものは熟し過ぎている可能性が高いので、なるべく避けるようにしましょう。

 

アボカドの栄養素は筋肉の成長を全力サポートしてくれる!

まとめ

筋トレに励むトレーニーたちにとって、アボカドは非常に強力な助っ人です。

 

入手も食べ方も簡単なので、すぐに取り入れられるのも評価ポイント。

お値段はピンキリなので、お手頃価格で手に入る場所を見つけておきたいですね。

 

美味しいものを見極めて購入し、計画的に食べられれば最高。

ぜひ取り入れていただき、筋トレ効果の最大化を図ってみてください。

アボカドが筋肥大に効果的な件
最新情報をチェックしよう!