ケトジェニック・ダイエットはカロリー設定が不要なの?【おおよその目安を解説】

  • 2020年9月2日
  • FOOD

考える人
ケトジェニックダイエットって
カロリーも考慮した方がええんか…?

 

こんなお悩みに応えます。

 

☑この記事の内容

  • ケトジェニックダイエットはカロリー設定をするべきか
  • ケトジェニックダイエットの適切なカロリー設定

 

ケトジェニックダイエットは様々な議論を巻き起こすダイエット方法です。

 

『筋肉が落ちるとか落ちないとか。』

 

『効率がいいとか悪いとか。』

 

いろいろとありますが、特に話題にあがるのが『カロリー問題』でしょうね。

 

何も考えずに食べてもいいのか。

 

それともある程度考えて食べていった方がいいのか。

 

『どっちなんだい!』と。

 

今回はそんなお悩みに切り込んでいきたいと思います。

 

では、いきましょう!




ケトジェニックダイエットはカロリー設定が必要?不要?

ケトジェニックダイエットはカロリー設定が必要?不要?

結論から言います。

 

ケトジェニックダイエットは

 

しっかりカロリー設定をするべきだと考えます。

 

その方が確実に成功できるはず。

 

念のため言っておくと、カロリー制限ではありませんよ。

 

低く抑えればいいというものではありませんのでご注意を。

 

そもそもダイエットにおける『成功』とは?

そもそものお話ですが、ダイエットの成功ってどんな状態を指すんでしょうか?

 

体重が落ちればOK?

 

見た目がほっそりすればOK?

 

もちろん人それぞれなんですが、僕が思う正しいダイエットは

 

できるだけ筋肉量を維持しつつ、余計な脂肪だけを落とす

 

これではないでしょうか。

 

▼ちなみに、我らがきんに君も同じように語っております。

 

 

そしてその為に重要なのは、カロリーを落としすぎないこと

 

そうすると筋肉まで落ちてしまい、結局その後リバウンドコースです。

 

なので、ケトジェニックダイエットにおいても適切なカロリー計算は必須と言えます。

 

ケトジェニックは好きなだけ食べてもいいんじゃないの?

やなぎ(なるほど)

逆にたくさん食べるのはダメなの?

 

という声も聞こえてきそうですね。

 

これは諸説ありますが、

個人的に『食べる量は調整した方がいい』と考えます。

 

しっかりカロリーは摂りつつ、極端に食べるのは止めておきたいところ。

 

ただ、上記のような声があがるのも理解できます。

 

ケトジェニックダイエットといえば、

たくさん食べて痩せるダイエット』として話題になりましたからね。

 

実際に「好きなだけ食べても大丈夫!」と豪語するインフルエンサーも存在しています。

 

ただ、そういった方が実際に大量の食事を摂っているか?

 

筋肉量をしっかり維持しつつ余計な脂肪だけ落とせたのか?

 

そう言われると怪しいところです。

 

実際に大会などで結果を残している方は、その殆どがしっかりカロリー管理をしています。

 

僕自信も過去ケトジェニックダイエットに成功したのは、ある程度管理をしたから。

 

そこまでガチガチに徹底しろとは言いませんが、

意識するのとしないのでは大きく結果が変わってくるでしょう。




ケトジェニックのカロリー設定を山本先生の発言から推測してみる

ケトジェニックの適切なカロリー設定を解説

じゃあ具体的にどのぐらいのカロリー設定にすればいいの?

 

そんな疑問が解消されていないですよね。

 

もちろん細かな数字は人によって異なります。

 

しかし、筋肉博士こと山本義徳先生の発言からある程度の数字は推測することができました。

 

山本先生「1日の脂肪摂取量はだいたい100~150gくらい」

こちらの動画はケトジェニック中のおすすめサプリメントを語ったもの。

 

この動画内で山本先生は、

ケトジェニックにおける1日あたりの脂質摂取量についてこう発言しています。

 

ケトジェニックの場合、普通の人は1日の脂肪摂取量が大体100~150gになるかと思います

 

なるほどなるほど。

 

これは重大なヒントですな…!

 

脂肪1gあたりのカロリーは、およそ9kcalです。

 

ということは、脂肪だけで1日あたり900~1350kcakを摂るのが基本だと捉えてよいでしょう。

 

ちなみに、

そのうち1/3はMCTオイルというもので摂りたいんですが、それはまた今度語ります。

 

今回はカロリー設定だけを見ていきますね。

 

山本先生「総カロリーの60~70%を脂質で摂りましょう」

こちらの動画では、ケトジェニックダイエットにおけるPFCバランスについて言及しています。

 

山本先生は動画内でこのように発言。

 

糖質を可能な限り0にして、脂質で総カロリーの60~70%を摂りたい

 

これは、もうほとんど答えが見えてきましたな。

 

念のため、もう1つだけ山本先生の動画を観ておきます。

 

山本先生「糖質1割、タンパク質3割、脂質6割が基本的なやり方」

先ほどの動画と同じようなことを発言されていますね。

 

糖質1割、タンパク質3割、脂質6割が基本的なやり方です

 

意見がブレないのは視聴者として非常にありがたいです。

 

糖質は出来るだけ0にしたいところですが、よほどストイックでない限り完全に絶つのは難しいでしょう。

 

なので糖質1割としているのだと考えます。

 

ケトジェニックにおける基本的なカロリー設定は…

はい、ということで山本先生の発言から一般的なカロリー設定を計算してみます。

 

脂質を総カロリーの6割とし、そのカロリーとして約900~1,350kcal摂りたいので

 

導き出される数字は…

 

1,500~2,250kcal…!!

 

わりと幅広い。

 

ですが、よくよく考えると

一般男性 ~ トレーニー』の基礎代謝量とだいたい同じか少し高い程度ですね。

 

要は、

あなたの基礎代謝で消費されるカロリーより少し高め程度のカロリー設定』がオススメということでしょう。

 

なので、女性の場合はもう少し低めの数値でよいかもしれません。

 

基礎代謝は本当に個々人でマチマチですので、まずは自信の数値を把握するところから始めてください。

 

そしてその数値分はカロリーを摂るようにすることが、一般的に成功しやすいケトジェニックのカロリー設定だと考えられます。

 

▼こちらのサイトを使うと、おおよその基礎代謝量を計算できます。

基礎代謝量-高精度計算サイト

 

※筋肉量は反映できないので、より正確に知りたい方は高性能な体組成計などを用いてください。




基礎代謝分はカロリー摂取しつつ、筋肉量を維持してダイエットしよう

まとめ

というわけで、ケトジェニックダイエットにおけるカロリー設定について考えてみました。

 

ぶっちゃけると体質や年齢によって多少変わってきます。

 

ですが、ある程度の基準値を把握しておくことは成功への第一歩になるはずです。

 

しつこいようですが、まずは自分の基礎代謝量を把握すること。

 

これはダイエットの基本です。

 

そしてケトジェニックダイエットにおいては、その基礎代謝分のカロリーをしっかり摂る。

 

ただし、それ以上は余計に摂り過ぎないようにする。

 

これを意識して実践してみてください。

 

何にしてもやってみないことには始まりませんので、色々と実験しながらダイエットを楽しんでくださいね。

ケトジェニックダイエットはカロリー設定が必要なの?不要なの?
最新情報をチェックしよう!