水をたくさん飲めない…!そんな貴方に伝えたい3つの解決方法

悩む女性
水はたくさん飲めって言われるけど
そんなに飲めないんだよなぁ…

 

こんなお悩みに答えます。

 

✔この記事の内容

  • 水をたくさん飲めない方に伝えたい3つの解決方法
  • 水が筋トレやダイエットに与える影響

 

筋トレやダイエット、美容なんかについて勉強していると

水をたくさん飲め』と耳にタコができるほど聞くことになるかと思います。

 

そしてこれは実際にその通りで、

水を飲むことは人体にとって良いことがたくさんあるんですよね。

 

でも、ここで壁にぶつかる人も一定数いると思います。

 

そんなにたくさん飲めないよ…」と。

 

気持ちはめちゃくちゃ分かります。

僕もそこまでたくさん飲めるタイプではなかったので、本当に悩んだものです。

 

という訳で今回は、

水をたくさん飲みたいけどなかなか飲めないという方向けの記事

 

僕が実践して、1日に3~4ℓ飲めるようになった小手先テクニックをご紹介いたします。

 

誰でもできる内容ですからぜひとも試していただき、

水の恩恵をたっぷりと受けちゃってくださいね。

 

では、いきましょう!

水をたくさん飲めない方に伝えたい3つの解決方法

水をたくさん飲めない人に授ける3つの解決方法

水を飲めない人に授けたい、

小手先のテクニックが3つあります。

 

▼それがコチラ

  • 水を常温で飲む
  • 運動習慣をつける
  • リマインダーを活用する

 

それぞれ見ていきましょう。

 

常温で飲む

水を飲むというと、キンキンに冷やして飲む方が多いと思います。

実はそれが、たくさん飲めない原因になっていることがあるんです。

 

冷たいものを飲むと、あなたが思っている以上に胃腸への負担があります。

そうなると、当然ながらたくさん飲むことなんかできません。

 

栄養成分の吸収にも関わってきますから、冷たすぎる飲料の摂取は控えましょう。

 

なので、常温保存している水を飲むようにしてみてください。

きっとゴクゴク飲める感覚に驚くはずです。

 

最近だと、スーパーやコンビニでも常温で販売しているのをよく見かけます。

おそらく我々の需要に応えてくれているかと思いますので、そういったものも活用していきましょう。

 

運動習慣をつける

運動習慣をつけるのも非常に有効な手段です。

というのも理屈はシンプルで、運動すれば水を飲みたくなるからですね。

 

筋トレでもランニングでも何でもいいですが、日常に取り入れることをオススメします。

 

その結果として、自然に水を飲むこともあなたの日常に溶け込んでくれるはず。

僕も筋トレを始めてから、水を飲めなかった自分はどこかに消え去りましたね。

 

シンプルながら非常に効果的な方法ですから、ぜひ運動習慣を取り入れてみてください。

 

リマインダーを活用する

リマインダーを活用するのも物凄く有効です。

 

リマインダーというのは

予定を設定して、時間になったらお知らせしてくれる機能です。

 

この機能に、『水を飲む』という予定を一定時間ごとに複数回設定しましょう。

そうすることで、通知があった時に必ず水を飲むことになります。

 

水を飲めないというのは、習慣化できていないというのも良くある理由の1つ。

このリマインダーを使うことで、その問題を簡単に解決することができるんですね。

 

起床後や就寝前に加え、仕事の合間などにも設定しておくと安心です。

1回の量は少なくていいので、飲む回数を増やしていきましょう。

 

グーグルカレンダーのアプリなんかが使いやすくてオススメですよ。

 

Google カレンダー

Google カレンダー

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

水を飲むことは筋トレやダイエットにも好影響

水をたくさん飲むことで得られる筋トレ・ダイエットへのメリット

この記事を読んでくださってる皆さんは、水をたくさん飲みたいと思っていますよね。

おそらくそれは、『水を飲むと身体に良い』と耳にしたからだと思います。

 

このトピックでは、実際に水を飲むことがどのような好影響をもたらしてくれるのかをご紹介。

 

特に『筋トレ』と『ダイエット』への効果を解説します。

これを見て更に『水を飲みたい欲』を上げちゃってください。

 

筋トレへの効果

水を飲むことが『筋トレ』にどう影響するか見ていきましょう。

 

結論、

水が不足すると筋トレ中のパフォーマンスがガクッと低下してしまいます

 

筋力および筋持久力の低下、そして筋肥大にも悪影響をおよぼす可能性が高いんですね。

 

そうなってしまう理由は大きく2つ。

 

  • 筋肉を動かすためにも水が必要
  • 水が不足すると血行が悪くなる

 

簡単に解説します。

 

筋肉を動かすためにも実は水が必要

ザックリ言うと、『水が作用して物質を分解する時に生じるエネルギー』が重要。

このエネルギーを、筋肉を動かすために使っているんです。

 

水が不足すると当然この分解反応は弱くなりますから、筋力発揮に影響してくるでしょう。

 

筋力が弱まれば、必然的に筋トレの強度も低下してしまいます

その結果として筋肥大にも影響しますから、それを防ぐためにもしっかり水は飲むようにしてください。

 

水が不足すると血行が悪くなる

体の各細胞に栄養成分を運ぶのは血液ですから、血流が滞ってしまっては十分に行き渡りません。

 

いくらハードな筋トレをしても、しっかり栄養を摂っても、

それを届ける血流に問題があるのではどうにもならないので要注意。

 

その血液をスムーズに流すためには、水を飲むことが非常に大切です。

 

ただ水を飲むだけでは改善されないかも…

上記の問題を解決するには、水分を血管内に留まらせる必要があります。

何もせずに水だけ飲んでいると、おそらくすぐに排尿されて何の効果も得られません。

 

血管内に留まらせるためには、カリウムや塩分、酸などの電解質が必要。

 

トレーニング中の水に1ℓあたり塩1~2gを加えたり、市販の塩飴を活用することで簡単に対策可能です。

 

また、水と一緒にアミノ酸や脂肪、ビタミン・ミネラルなどを摂るのも効果的。

体内の水分保持率を高めてくれる効果に期待ができます。

 

個人的には美味しくて手っ取り早い『塩飴』がイチオシですね。

 

トレーニング前に食べることで水分保持が促され、そこらのプレワークアウトよりも強烈なパンプを感じます。

心身共に満足度の高い筋トレができるのでオススメです。

 

 

ダイエットへの効果

水の不足は『ダイエット』にも悪影響があります。

筋トレへの影響と通ずる部分が大きいので、ざっくり解説しますね。

 

水不足による血行の悪化が大問題

上記で、血行が悪くなることによる問題を解説しました。

 

ダイエットにも同じことが言えまして、

健康的なダイエットを妨げる問題が多数起こってしまいます。

 

  • 代謝が悪くなる
  • 疲労がたまりやすくなる
  • 老廃物の排出が滞る
  • 浮腫みやすくなる

 

いずれもダイエットの天敵ともいえる状態ですよね。

 

それに、浮腫みがずーっと残っているのは大問題。

そのままいくと、セルライト(皮膚の凸凹)の原因になってしまいます。

 

その前にしっかり水を飲んで対策しておきましょう。

 

浮腫みの原因は『水』ではなく『老廃物』

よく見かけるのは、

水を飲みすぎると浮腫んでしまう』という勘違い。

 

これは完全に間違いで、むしろ逆です。

浮腫みの原因は『たまっている老廃物』ですから、解消のためにはそれを流してあげないといけません。

 

そのためにはやはり水が必要。

というのは、ここまで読んでいただいた方はもうお分かりですよね。

 

目安としては、1日あたり2ℓほど。

 

もし可能であれば1日あたり体重×50ccを飲めると最高です。(例:体重60kgなら3ℓ)

 

上記で解説した通りビタミンやミネラルも大切ですから、水だけに固執せず栄養成分にも気を付けてくださいね。

 

水をたくさん飲んで、筋トレやダイエットにブーストを!

まとめ

水をたくさん飲む方法』。

そして、『水を飲むことがなぜ重要なのか』を解説しました。

 

水の重要性を理解することで、ちゃんと飲もうという意識がより高まったかと思います。

 

飲む方法を解説したとはいえ、いきなり大量に飲むのは難しいですよね。

実際のところ僕も無理でした。

 

ですが、意識的に継続することが重要。

少しずつですが飲める量が増えていきました。

 

今では3ℓ以上飲むのが普通になりましたから、皆さんも少しずつ増やす意識で続けてみてくださいね。

 

きっとたくさん飲むのが当たり前になっていきますよ。

水をたくさん飲めない人に授ける3つの解決方法
最新情報をチェックしよう!