腹筋を割るためにジム通いは不要です【効率的な方法を教えます】

  • 2020年5月9日
  • 2020年5月10日
  • FITNESS

考える人
割れた腹筋が欲しいけど、
ジムに通う必要があるのかな…

 

こんな疑問に答えます。

 

☑この記事の内容

  • 復帰を割るためにジム通いは不要な話
  • 腹筋を割るための効率的な方法

 

結論から申し上げると、

 

『割れた腹筋のためにジムに通う必要はありません』

 

自宅トレーニングで十分手に入れることが可能です。

 

今回は、腹筋を割るのにジム通いが要らない理由

そして実際に割れた腹筋を手に入れるために何をすればいいのかを見ていきます。

 

では、いきましょう。

 




腹筋を割るためにジム通いは不要

はい、改めて言います。

 

腹筋を割るためにジムに通う必要はありません。

 

自宅でも十分に達成することが可能です。

 

なぜなら、その目的のために

必ずしも筋肉を大きくする必要は無いからです。

 

もちろん、全身を鍛える上でフィットネスジムに通うのは非常に効果的です。

実際に私も通っています。

 

ただ、「割れた腹筋を手に入れたい」

この望みだけにフォーカスした場合は不要というお話です。

 

そこだけは誤解のなきようにお願いします。

 

では、なぜそう言えるのか見ていきましょう。




腹筋を割るための効率的な方法

ここでは、割れた腹筋を手に入れるために

具体的に何をすればいいのかを見ていきます。

 

難しいことは何もなく、やるべきことは非常にシンプルです。

 

まずは、いわゆる割れた腹筋というのは

一体どんな状態なのか?を知る必要があります。

 

これさえ知っていれば、

どうするべきかが見えてくるはずです。

 

そもそも割れた腹筋ってどんな状態?

上の画像をみてください。

いわゆるシックスパックと呼ばれる、バキバキの腹筋ですね。

 

注目してほしいのは赤線で表した溝の部分です。

 

この部分は筋肉ではなく腱(けん)というもので、

形の違いこそあれ、基本最初から全員に存在しています。

 

もちろんあなたのお腹にもありますよ。

 

縦の溝を白線、横の溝を腱画と呼んだりしますが、

名前はぶっちゃけどうでもいいです。

 

大切なのは、腹筋はそもそも割れているものだということです。

 

 

ボンレスハムをイメージしてみると分かりやすいかと思います。

 

紐の部分が腱で、中の肉が腹筋です。

人間の腹筋も同じ要領で割れて見えているんですね。

 

「え、でもボク腹筋全然割れてないよ?」

 

と思った方は、体脂肪に覆われて見えなくなっているだけなんです。

 

 

はい、もうお分かりですね?

 

その体脂肪を落としてしまえば割れた腹筋がバッチリ見えてきます。

運動と食事管理で体脂肪を落とそう

体脂肪を落とすために大切なのは、

適度な運動(筋トレ)食事管理です。

 

それを実現するのにジム通いは要りません。

 

  • 自宅でできるレベルの運動(筋トレ)
  • 摂取カロリーを消費カロリー以下に調整する

 

ざっくりこれが出来ればOKです。

 

運動に関しては、有酸素運動のイメージが強いかと思いますが

筋トレも取り入れるとより効果的です。

 

筋肉を鍛えることで基礎代謝が向上し、

長期的に体脂肪がつきにくい身体になっていきます。

 

「筋トレは何をすればいいの?」

 

と思うかもしれませんが、正直なんでも大丈夫です。

 

強いて言うなら、下半身を鍛えるスクワット

背中を鍛える懸垂がオススメです。

 

これらは大きな筋肉を鍛えられるので、より基礎代謝の向上を図れます。

 

有酸素運動ばかりするのは、筋肉も一緒に落ちてしまうので要注意。

偏った取り組み方は非推奨です。

 

 

続いて食事ですが、

カロリーを抑えまくれば良いというものではありません。

 

これも上記と一緒で、筋肉が落ちてしまうことで

リバウンドのリスクが上がってしまうためです。

 

そもそも免疫力も落ちてしまい、病気にかかる危険性さえあります。

 

そういった管理が苦手な方のために、おすすめの食事を紹介した記事があります。

 

ぜひそちらを参考にしてみてください。

>>体脂肪を落とす腹持ちのよい食事

割れた腹筋を手に入れよう!

まとめ

ざっくり纏めると、

 

『余分な体脂肪を落としていけば割れた腹筋を手に入れることが出来る』

 

ということです。

 

ですので必ずしもジムに通う必要はありませんが、

自宅じゃ集中できない!という方は通ってみるのも全然アリですよ。

 

自分に合ったやり方で取り組み、

カッコいい腹筋を手に入れちゃいましょう!

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!