ポージングの練習によって筋トレ効果が高まる理由【筋肉をコントロール】

  • 2020年10月12日
  • 2020年10月12日
  • FITNESS
やなぎ(なるほど)
ボディビルのポージングが
筋トレの効果も上げてくれるって本当?
こんな疑問に答えます。
✔この記事の内容
  • ポージングの練習によって筋トレ効果が高まる理由
  • マッスルコントロールが筋トレに与える影響
  • ポージングを学べる動画を紹介

 

ポージング』って知ってますか?

ボディビルやフィジークの選手がステージ上でとる定められたポーズのことです。

 

ボディビルダーをイメージしていただければ、おそらく思い浮かべたその人はポージングをしていることでしょう。

 

で、このポージング。

我々のようなコンテストに出ない一般トレーニーには無関係と思いますよね。

 

実は、そうでもないみたいなんです。

 

ポージングを練習するのが筋肉を大きくする近道だ

 

このようにおっしゃる方がいるんですよ。

しかも複数。

 

で、実際に僕もしばらく練習してみました。

最初は全くうまいこと出来ませんでしたが、2ヶ月ほど細々とね。

 

その頃にはある程度の形になってたと自負しております。

 

そして、思ったんです。

 

あ、これマジだ

 

それ以前と比べて、筋トレで狙った筋肉への効き方が全く違う。

もうめちゃくちゃ効く。

 

言われただけだと信じられないけど、実際にやってみると分かる。

そんなお話を、実際にポージングを練習してみた自分が語りたいと思います。

 

これは全トレーニーにも取り入れて欲しいところですね。

 

では、いきましょう!




ポージングの練習によって筋トレ効果が高まる理由

ポージングの練習によって筋トレ効果が高まる理由

ポージングを練習することで、なぜ筋トレに好影響があるのか。

 

ポイントはズバリ、『マッスルコントロール』の存在です。

 

マッスルコントロールというのは、ここでは『筋肉を操る能力』のことを指して使います。

 

ポージングって、ぱっと見だとそこまで難しそうに見えませんよね。

見よう見真似で出来そうな感じがします。

 

でも実際はめちゃくちゃ難しいし奥が深くて、複数の筋肉をしっかりと意識・コントロールする必要があるんです。

 

ひとつのポーズで複数の筋肉を審査されますから、どれか1つでも力が抜けてはいけない。

その状態を数秒間キープするという、想像以上にシビアなものなんですよ。

 

そしてこのマッスルコントロールが筋トレにおいても超重要。

出来るのと出来ないのでは、筋肉の成長に雲泥の差が出てしまいます。

 

筋トレだけしている場合でも、長いこと続けているとその感覚は掴める日が来ます。

 

でもやっぱり長い時間が掛かるんですよね。

 

そこでポージングの練習を平行して行うことで、グングンその感覚が掴めていくはず。

 

詳しくは次のトピックで解説しますが、筋トレの効率を上げるために『マッスルコントロール』が重要であることは押さえておきましょう。

 

マッスルコントロールが筋トレに与える影響

マッスルコントロールが筋トレに与える影響

では、マッスルコントロールの重要性を語ります。

筋トレ初心者の方でも分かるように、易しい言葉を用いていきますから安心してください。

 

といっても結論はシンプル。

マッスルコントロールを習得すると、筋トレの『効かせ方』が大きく変わるんですね。

 

効かせ方が上手くなると、筋肉への刺激が大きくなり、より成長を促せることに繋がるので超重要。

 

例えばですが、『ベンチプレス』を想像してみてください。

※ベンチプレスが分からない方は、下の動画をご覧ください

 

バーベルを上下に動かすという筋トレの基本種目ですよね。

これをしっかり大胸筋に効かせるにも、筋肉をしっかりコントロールすることが大切。

 

  • バーベルを持ち上げる
  • 大胸筋を収縮させて、結果としてバーベルが挙がる

 

↑皆さんがベンチプレスを行う時、意識レベルはどちらの感じに近いでしょうか。

この場合理想的なのは後者で、筋肉の動きをしっかり意識できています。

 

逆に前者の場合、動き自体はほとんど一緒なんですが、狙っていない筋肉もたくさん使われている可能性があります。

そうなると狙った筋肉は思うように刺激できないので、思うように成長してくれません。

 

筋肉が収縮する⇒重りが動く』という流れが大切になります。

これを頭に、そして筋肉に刻み込んでください。

 

高重量で筋トレをしているのに、なかなか身体が変わらないという方。

もしかしたら筋肉の動きを意識できていないことが原因の1つかもしれません。

 

そんな時は筋トレ時に対象の筋肉を意識すること。

思い切って重量を落としてみるのも有効な手段となります。

 

そしてそれ以外の時間で、ぜひポージング練習を取り入れてみましょう。

 

ポージングは重りがない状態で筋肉を収縮させるので、より難易度が高くなります。

でもその分、ある程度習得できた時のマッスルコントロールレベルは格段に上がっているはずですよ。

 

今は素晴らしい時代で、YouTubeの動画なんかで勉強が可能。

次のトピックでボディビルやフィジークのポージング学習動画をご紹介しますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

ポージングを学べる動画を紹介

ポージングを勉強できるオススメ動画を貼っておきます。

 

とは言っても、やはり動画だけだと完全な習得は難しいです。

ある程度の習得レベルでも十分変わりますから、騙されたと思って実践してみてください。

 

ボディビルとフィジークはポーズが異なりますが、どちらもまた違った意識が必要。

 

両方練習しておくとなお良しですが難しい場合は、

よりトレーニングに近い動きを意識できるボディビルのポージングを学びましょう。

 

最初は意識するのが難しいと思いますので、ちょっとしたコツを伝授します。

それは『軽く筋肉痛の時にやってみる』です。

 

筋肉痛の時は、通常時よりも遥かに強烈に筋肉の形を意識できますよね。

『痛みを感じる=筋肉が収縮している状態』なので、比較的簡単に意識することが可能です。

 

逆にひどい筋肉痛の時は痛すぎて何もできないので、ほどよい状態の時に取り入れてみてください。

 

※ポージング動画の2つ目は筋トレ動画ですが、途中でポージングのポイントが挟まれます。

ぜひ通しで観てみてくださいね。

 

ボディビルのポージング

 

 

フィジークのポージング

 




まとめ:ポージングを練習して筋トレの効果を爆上げしよう!

まとめ

ポージングの重要性を語ってみました。

 

簡単にまとめると、『マッスルコントロールを習得するためにポージングを練習しよう!』ということ。

そしてその結果として、筋トレの質も向上するというお話です。

 

独学でやる分にはお金も掛かりませんし。

最高ですよね。

 

まず間違いなく筋肉の成長レベルがグッと上がりますから、ぜひお家で一人の時にでも練習してみてください。

ポージングの練習によって筋トレ効果が高まる理由【筋肉をコントロール】
最新情報をチェックしよう!