【冬の筋トレ】ジムではどんな服装がおすすめ?【初心者向け】

  • 2020年11月9日
  • 2020年11月9日
  • LIFE
やなぎ(なるほど)
寒くなってきたけど
ジムにはどんな服装で行けばいいのかな?

 

こんな疑問に答えます。

 

✔この記事の内容
  • 冬のジムではどんな服装がオススメか
  • ジムに行くまでの服装はどうすべきか
  • ジムから帰る時の服装はどうすべきか

 

ジムに通い始めたはいいものの、季節によってどんな服装が適切なのかは悩みどころですよね。

 

おかしな恰好で行って浮きたくない。

そう思う気持ちは非常によく分かります。

 

という訳で今回はジム初心者向け!

冬の時期に適した服装を解説いたします。

 

怪我予防の面で考えても重要なトピックですから、ぜひ押さえておいてくださいね。

 

では、いきましょう!




冬のジムではどんな服装がオススメか

冬のジムではどんな服装がオススメか

寒くなってきた時期、ジムの中ではどのような恰好でトレーニングをすべきなのか。

僕も通いたての頃は悩んだものですが、結論は至ってシンプルでした。

 

簡単に解説します。

 

動きやすい服装

結論、動きやすい恰好でOKです。

要は他の季節と一緒。

 

冬だからと言って、特別違った服装で取り組む必要はありません。

怪我をしないよう、しっかり筋肉・関節を動かせる服装をチョイスしましょう。

 

ただし、ジムによっては空調設備が整っていないこともあるかもしれません。

(あまり無いとは思いますが…)

 

その場合は身体が冷えてしまい、怪我のリスクが増してしまうので非常に危険。

状況に応じて、防寒機能の優れたトレーニングウェアを準備しておきましょう。

 

基本的にジム内の寒さ対策は考えなくてもOK

ジムは基本的に室内になりますから、季節ごとに温度が調節されています。

ですから、夏は涼しくなっていますし、冬はやや暖かくなっているはず。

 

 

冬だからといって厚着でトレーニングしていると、体温が上がり過ぎて却って危険が伴いますので注意しましょう。

 

ジムに到着するまでの道のりで体が冷えているかと思いますので、ウォーミングアップ中くらいは暖かい恰好でもよいでしょう。

しっかり身体の準備ができたら、いつも通りの動きやすい服装に切り替えてくださいね。

 

ジムに行くまでの服装はどうすべきか

ジムに行くまでの服装はどうすべきか

ジム内での服装は普段通りで問題ないとしました。

では、ジムに行くまでの道のりはどうでしょう。

 

こちらも怪我予防や筋トレの質を確保するために重要な部分です。

 

簡単に解説しますね。

 

少し厚着をして身体を温める

ジムへの道中は殆どの場合が屋外になりますよね。

(マンション内にあるといった場合は除きますが)

 

暖かい時期であればいい感じに身体が温まりますが、冬のような寒い時期は真逆。

どんどん体温が奪われて身体が冷えていくはずです。

 

その状態で筋トレを行うのは非常に危険ですから、出来る限り対策をしてください。

ジムに着いてから着替えればOKなので、多少厚着をするなどして向かいましょう。

 

絶対に身体を冷やさない意識

上記のように厚着をするといった工夫をして、とにかく身体を冷やさない意識を持つようにしてください。

 

筋トレをするにあたって、身体の冷えというのは大敵です。

どんなに強靭な肉体を持っていても、冷えた状態でトレーニングしてしまえばあっという間に大怪我コース。

 

厚着をしても寒いようなら、軽くジョギングしながら向かったり、車を用いたりするべきでしょう。

 

もちろん、ジムに着いてから身体を温めるという手もあります。

多少時間が掛かっても問題がないなら、入念にウォームアップをしたいところですね。

 

ジムへの道中における対策が難しい場合は、時間を掛けてでも身体を温めて、怪我を防止してください。

 

ジムから帰る時の服装はどうすべきか

ジムから帰る時の服装はどうすべきか

個人的に最も重視すべきは『ジムに行くまで』と『ジム内』における服装だと考えています。

ただ、体調管理の面でいえば『ジムからの帰り道』も軽視できませんよね。

 

その日のトレーニング効果にはほぼ影響しないでしょうが、

そこで体調を崩してしまっては、しばらくトレーニングが出来なくなります。

 

これはトレーニーにとって死活問題…。

 

という訳で、「家に帰るまでが筋トレだ!」という精神で適切な服装を押さえておきましょう。

 

帰り道も身体を冷やさないように注意

といっても、帰り道も同じ考えです。

絶対に身体を冷やさないようにしましょう。

 

その為に重要なのは『着替え』です。

 

筋トレをした後、あなたの身体には汗が滲んでいます。

トレーニング内容によってはびしょ濡れになっていることもあるでしょう。

 

その状態で寒空の下に出てしまったら、あっという間に身体は冷え切ってしまいます。

 

ですので、可能な限り筋トレ後は着替えをしてから帰りましょう。

これは年中通して気にしたいポイントですが、特に寒い時期は気を付けたいですね。

 

タオルを持参しておくと完璧

着替えだけでもかなり変わりますが、タオルを持参しておくとなお良しです。

 

汗を拭くこともできますし、筋トレ後にシャワーを浴びることも可能になりますからね。

さっぱりして帰りたい方はシャワーを浴びて、しっかりとタオルで拭きあげてから帰宅しましょう。

 

ただしシャワーを浴びてすぐに外に出るのは、湯冷めして風邪をひきやすいので要注意。

少し時間をおいてから出るのがベターです。




冷え対策をして、冬でも上質な筋トレを!

まとめ

長々と書きましたが、簡単にまとめるとこんな感じ。

 

  • ジム内では基本的に普段通りのトレーニングウェアでOK
  • ジムへの行きと帰りは、とにかく身体を冷やさない意識

 

目的は『怪我を予防すること』と『トレーニングの質を高く保つこと』です。

 

動きやすくかつ防寒機能もあるウェアがあると最高!

 

今の時代はロングスパッツなどの優れたアイテムがたくさんありますから、オンラインショップやスポーツ用品店を覗いてみると良いでしょう。

 

寒い冬は、多くのトレーニーにとって筋トレに取り組みにくい時期。

つまりここで頑張った分だけ、周囲に差をつけて成長するチャンスということですよね…!

 

怪我だけはしないようしっかり対策しつつ、質の高いトレーニングが出来るように工夫を凝らしていきたいところです。

【冬の筋トレ】ジムではどんな服装がおすすめ?【初心者向け】
最新情報をチェックしよう!